田中 塊堂   佐藤 一章
紫紙金字般若心経 自詠歌「磐梯」 那智の瀧 「春水」   ストーブを囲んで 子供 霧の朝 残雪の駒ヶ岳
 
紫紙金字般若心経 昭和44年(1969)

田中 塊堂田中 塊堂
明治29年(1896)、岡山県小田郡矢掛町中に生まれる。本名、英市。大正11年(1922)、大阪貿易語学校英専科を卒業。13年(1924)、漢字書を川谷尚亭に師事し、漢文を藤沢黄坡に学ぶ。15年(1926)、千草会を創立し、大阪古筆研究会を主宰。かな書は独学で古筆、古写経を研鑽。昭和12年(1937)、大日本書道院第1回展で推薦第一位受賞。22年(1947)、宮内省出仕、後に奈良国立博物館調査員。23年(1948)、日展第五科新設と同時に出品依嘱。26年(1951)、日展審査員、33年評議員。“大字かな”に清新な道を開き、書壇をリード。28年(1953)、「日本写経綜鑒」刊行。後の「日本古写経現存目録」とともに、古写経文献の集大成として写経研究に大きな業績を残す。34年(1959)、日本書芸院理事長となる。35年(1960)、大阪府芸術賞を受賞。36年(1961)、論文「書道より見たる日本写経史の研究」により文学博士。41年(1966)、帝塚山学院大学教授となる。44年(1969)、日展出品作、風炉先屏風「平和」で、日本芸術院賞を受賞。48年(1973)、日本書道美術館初代館長となる。49年(1974)、日展参与、矢掛町名誉町民。51年(1976)、大阪にて79歳で逝去。

 

佐藤 一章佐藤 一章
明治38年(1905)、岡山県小田郡矢掛町本堀に生まれる。本名、章。大正13年(1924)、東京美術学校西洋画科に入学。昭和2年(1927)、満谷国四郎に師事。「支那服の女」で光風会賞を受賞。第8回帝展で「女の像」初入選。以後、連続入選。4年(1929)、東京美術学校を卒業。5年(1930)、協会賞を受賞。中国へ写生旅行に出かける。9年(1934)、第15回帝展「公記字號」で特選受賞。12年(1937)、第1回新文展から無鑑査となる。20年(1945)、戦局の悪化で東京から岡山に疎開する。22年(1947)、日展審査員となり、翌年、全国初の地方展(岡山)開催を実現させる。25年(1950)、岡山大学教授、28年(1953)、創設を提唱した岡山大学特設美術科主任教授となり、岡山県文化賞を受賞するなど戦後の岡山美術界発展に貢献する。34年(1959)、新日展評議員 斎藤与里亡き後の東光会代表となり、東洋の伝統を生かした絵画を追求した。35年(1960)、病のため川崎市にて54歳で逝去。

 

 

 

「田中 塊堂」「佐藤 一章」の図録を見る

 

 

 

石井 梅僊   月と梅 平成2年(1990)
 
石井 梅僊大正3年(1914)、岡山県小田郡中川村(現矢掛町本堀)に生まれる。本名、利雄。県立矢掛中学で片岡竹窓より書の指導を受ける。文検(書道)合格。昭和17年(1942)、安東聖空に師事。22年(1947) 、書道研究清流会を主宰。42年(1967)、52年日展特選を受賞。その間、岡山大学、鳥取大学、ノートルダム清心女子大学で講師を務め、54年(1979)、岡山大学教育学部教授に就任。58年(1983)、師聖空のあと正筆会会長となる。63年(1988)、日展審査員。全日本書道連盟理事、日本書芸院参事等歴任。平成2年(1990)、山陽新聞賞(文化功労)受賞。また、大阪朝日カルチャーセンター講師、日本教育書道連盟大学院講師などを務め、教育者としても関西書壇の発展に貢献した。平凡のなかの非凡を尊ぶ簡素平明な師風を継承し、新しい感性を加えた清雅なかなの世界を確立した。

 

 

高木 聖鶴 はるがすみ 平成20年(2008)
   
高木 聖鶴大正12年(1923)、岡山県総社市に生まれる。昭和22年(1947)、内田鶴雲に師事。聖雲書道会を主宰。師鶴雲のあと朝陽書道会会長となる。48年(1973)、日展で特選。56年(1981)、日展審査員、以後日展評議員・常任理事。平成3年(1991)、日展内閣総理大臣賞を受賞。7年(1995)、日展出品作「春」で日本芸術院賞を受賞。山陽新聞賞(文化功労)、三木記念賞、岡山県文化賞等受賞。平成18年文化功労者。中国の漢字書にも精通し、平安朝の古筆の真髄に迫りながら、優美でしなやかに流れるような、現代感覚溢れる独特の書風を確立した。現代かな書壇の最高峰として国内外で活躍。25年(2013)、文化勲章受章。日本書芸院最高顧問、日展参事等を歴任し、総社市名誉市民となる。29年(2017)2月24日、93歳で逝去。

 

 

 

山田 勝香 山桜 平成3年(1991)
   
山田 勝香大正10年(1921)、愛知県尾西市に生まれる。本名、多津子。書道家であった夫の遺志を継ぎ、田中塊堂に師事。昭和32年(1957)、日展入選を果たし、若くして師塊堂が創立した千草会の副会長となる。39年(1964)、62年(1987)、日展特選を受賞。平成9年(1997)、には日展審査員に就任。大阪四天王寺五重塔復興、東大寺大仏殿改修の際、写経分写奉納の一員に選ばれ、漢字にも堪能な筆を発揮。師塊堂が主張した詩情表現の書作論を継承し、大胆で絶妙な筆技を駆使して、自らが感得した自然体へと昇華させた独自の世界を築く。全国の女流書家の最高峰の一人として活躍中。大阪市文化功労賞、国際芸術文化賞、文化庁地域文化功労者文部大臣賞等受賞。現在、日展会員、日本書芸院顧問、読売書法会董事、千草会名誉会長、清香会主宰。奈良県生駒市在住。