矢掛病院


★運営理念・基本方針・患者権利章典
★病院紹介

運営理念 ●病院紹介 ●病院の概要

運営理念・基本方針

運営理念
地域住民にとって信頼できる病院をめざす

基本方針
●安全で安心できる医療の提供に努める
●患者様・ご家族の立場に立ったサービスの提供に努める
●改善努力を怠らず、常に組織・職員とも研鑽に努める
●地域の関係施設及び院内の連携を密にし、充実した地域包括ケアの実践に努める


患者権利章典
矢掛町国民健康保険病院の患者権利章典
1.適切な医療を公平に受ける権利
  ○患者さんは,だれでも,社会的身分や病気の種類などに よって差別されることなく,良質で安全な医療を公平に受け る権利があります。矢掛町国民健康保険病院職員は,この権 利を尊重し,患者さんに対して常に公平であるとともに適切 かつ安全で質の高い医療の提供を目指して医療の向上に努め ます。

2.人格,価値観の尊重を得る権利
  ○患者さんは,だれでも,一人の人間として,その人格, 価値観などを尊重され,医療提供者との相互協力関係のもと で医療を受ける権利があります。矢掛町国民健康保険病院職 員は,患者さんの人格や価値観などを尊重して,両者が互い に協力し合いながらより良い医療を実践します。

3.説明を受ける権利
  ○患者さんは,だれでも,病気,検査,治療などについて ,理解しやすい言葉や方法で,納得できるまで十分な説明と情報提供を受ける権利があります。矢掛町国民健康保険病院職員は,患者さんからの質問や疑問に対して理解しやすい言葉や方法で適切に答えるなど,患者中心の立場で両者のコミュニケーションを重視し,患者さんに理解,納得が得られるように努めます。

4.医療内容を選択する権利
  ○患者さんは,だれでも,十分な説明と情報提供を受けた 上で,治療方法などを自らの意思で選択する権利があります 。矢掛町国民健康保険病院職員は,単に医療情報を提供する だけでなく常に患者さんの利益を考え,患者さんが納得,同 意していただくまで説明し,質問に答え,納得いく医療を受 けていただくよう努めます。また,他の医師の意見(セカン ドオピニオン)を聞きたいというご希望にもお応えします。

5.診療情報開示を求める権利
  ○患者さんは,だれでも,自分の診療記録の開示を求める 権利があります。矢掛町国民健康保険病院職員は,患者さん が情報開示を求められた際に,単に情報を開示するだけでな く,内容の要約や説明をします。また,診療記録などは整理 し,常に客観性を考え,適切な記録を行うように努めます。

6.個人情報守秘の権利
  ○患者さんは,だれでも,診療の過程で得られた個人情報 の秘密が守られ,病院内での私的な生活を可能な限り他人に さらされず,乱されない権利があります。矢掛町国民健康保 険病院職員は,患者さんの個人情報の管理やプライバシーに 特段の配慮をし,個人情報や私生活が他人にさらされないと いう患者さんのプライバシーの保護に努めます。

7.継続的医療を受ける権利
  ○矢掛町国民健康保険病院では,必要な医療を適切な医療 機関で提供できるようにするため,地域医療機関との連携シ ステムを構築しています。病気,病状,治療状況などに応じ て,適切な医療機関への紹介や受入れを行っています。これ により,患者さんに最適な医療を継続して提供できるよう努 めます。

8.健康等に関する情報を正確に伝える責務
  ○良質な医療を実現するためには,医師をはじめとする医 療提供者に対し,患者さん自身の健康に関する情報をできる だけ正確に提供する責務があります。

9.疑義や質問は理解できるまで行う責務
  ○納得できる医療を受けるために,医療に関する説明を受 けてもよく理解できなかったことについて,十分理解できる まで質問する責務があります。

10.規則を守る責務
  ○すべての患者さんが適切な医療がうけられるようにする ため,患者さんには,他の患者さんの治療や病院職員による 医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。




病院紹介

 昭和9年7月、診療科目内科・外科、病床数28床で病院開設。
 昭和39年7月、昭和57年7月そして平成17年7月と3度の改築改修工事を経て、標榜診療科目7科目、2病棟117床の病院として現在に至っています。
 前記の基本理念のとおり、町内唯一の公立病院として地域住民の皆様に信頼される医療の提供に努めております。
その一端をご紹介しますと、現在、1日平均外来患者数は約300人、同じく入院患者数は約110人、平成17年度救急車による搬入件数は564件と、身近な病院として多くの患者の皆様にご利用をいただいております。
 こうした中で上部消化管内視鏡検査数年間約540例、下部消化管内視鏡検査数年間約220例を始め、ポリペクトミー、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査等も行い、外科的治療につきましては年間手術約170例のほか、腹腔動脈造影検査等も行っています。
また、リハビリテーション部門では、患者様の機能回復に的確に対応するため、理学療法、作業療法、言語聴覚療法など充実を図りました。
 一方、医療費の適正化を主目的にする医療制度の大きな改革が始まる中で、提供する医療の見直しが迫られており、医師・看護師の不足と合わせて大きな課題となっております。
 しかし、矢掛町におきましては開業医の皆様とも密接に連携がとれている中で、併設する健康管理センター・介護老人保健施設「たかつま荘」と共に、保険・医療・福祉が一体となり、医療制度改革を先取りした健康管理事業が積極的に推進されています。
 今後は、関係各位のご意見、ご提言をいただく中で病院運営の方針を適切に決定し、より一層、住民皆様の信頼をいただける病院を目指し、職員一同精励いたしますので格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
(病院事業管理者 名部 誠)

病院の概要

1.開設者

矢掛町長 山野通彦

2.事業管理者
 院長
病院事業管理者 名部  誠(内科)
名誉院長 原  浩平(外科)
院   長 村上 正和(外科)
3.敷地面積

12,436.34m²

4.建物延床面積 新築棟 鉄筋コンクリート 4階建 5,217.30m²
改築棟 鉄筋コンクリート 4階建 2,427.33m²
機械棟 鉄筋コンクリート 2階建
230.00m²


7,874.63m²

附属建物

医師住宅 5棟(8戸)

687.15m²

5.主要医療機器 MRI(1.5T)、ヘリカルCTスキャナー、X線テレビ撮影装置
血管造影装置、骨塩量測定装置(DEXA方式)、超音波診断装置
全自動血液ガス分析装置、多項目自動血球計数装置
移動型X線撮影装置、乳房X線撮影装置

6.施設基準 2階病棟(57床) 一般 10対1入院基本料 救急医療管理加算
               急性期看護補助体制加算1
3階病棟(60床) 療養病棟入院基本料1
基準給食実施、基準寝具実施(病衣無)

7.許可病床数

117床(特室4床,個室21床,2人室12床,4人室80床)

8.診療科目
・医師数
内 科 10名(常勤3名,非常勤7名)
外 科 5名(常勤3名,非常勤2名)
婦人科 1名(非常勤)
耳鼻咽喉科 2名(非常勤)
眼 科 2名(非常勤)
整形外科 1名(非常勤)
皮膚科 1名(非常勤)
小児科 1名(非常勤)
放射線科 3名(非常勤3名)
リハビリ科 8名(PT常勤4名,OT常勤3名,ST常勤1名)
麻酔科